読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日への文章

やっぱり、フイナムブログはやめられないな〜。

と、いうことでまた語らせてもらいたいと思います。

いい加減やめときゃいいのにって。思いますけど。

くせって怖いものです。

「これ一回で、最後、、、」ていつも思うのにね。

 

昨年の7月は僕の愛してやまない「ブルーブルー横浜」

の記念すべき20周年でした。もう、すごい気分上げてまして。

でも、記念グッズは今ひとつ気分がのらず。改装にしても

なんだか、んんん。いいにはいいんですが、「おおおお!」

とはならず。前店長が映った写真には胸が熱くなりましたが。

で、なんか記念Tシャツと小物ちらほらかって、あとは

定番品を無駄に買い足して。こんなんで、アニバーサリー

終わっちまうのかって。電柱を蹴っとばす。嘘です。

 

フイナム読者はどうだかしりませんが、僕にとって

この「ブルーブルー横浜」ってところは本当に大切

なお店なんです。買う気持ちなくたって、いいんです。

欲しくなくたって、買えばいいんです。それだけです。

すごい投げやりに聞こえるかもしれません。でも

どうでもいいんです。薦められたら、買う。これ以外に

何がありますか?

 

そんな折、僕のもとに届いたよ。サンセットクルーズの

お誘い。フロム聖林公司(ブルーブルー横浜の社名?)。

嬉しかったな〜。開ける迄、何日かず〜っとジャケットの

内ポケットにしまってて。たまに太陽にすかしたりして。

ほお擦りもしたな。担当はブルーブルー横浜の前店長で。

早速メールで出席の申し込み。熱い思いもちらっと書き足した。

9月の終わり頃か。もうね、その日に何を着ていこうかという。

真剣勝負ですよ〜、、、マジで。だってさ、多分、垂水総裁じゃなくて

社長?いやボスというのか、もきっといるんだろうな〜だとか。

これまでのゆかりのあるレジェンド店員達も来るのだろうかとか。

もうね。

 

前にも書いたかもしれないけど、オレがブルーブルーで最初に習ったのが

スウェットのハーフパンツの着こなしでした。1996年の夏。なんとも

すごいハードルだったな〜。デニムの鼻緒の雪駄で。店員さん達はあんまり

こっちに興味なさそうで。こっちから照れながらいろいろ聞いてみたり。

黙ったり。沢山さわりました。服を。じ〜っとみつめていました。店員を。

とくに店長を。ガラガラの店内で。おそらく、彼らは思ったことでしょう。

「はやく帰れよ」と。

 

さて、サンセットクルーズに何を着ていくか。夕暮れにさ、お店前から

出向して、夕日を見ながら船内で食事をとり。かつて憧れた店員たちと

語り合う。これほどまでに、光栄なことってあるのか?フイナム読者達は

まあ沢山あるんだろうね、そんなシチュエーション。オレには滅多ない。

もう頭の中はコーディネイトでいっぱいさ。「何着てく?」「何着てく?」

自問自答を繰り返す。毎秒、毎秒、違う着こなし考えちゃって。

考えすぎて、ゲロはいて。

 

まずはさ、どんだけそこの商品着てくかって話よ。え?「僕、ファンです!」

ってさ、37の中年が、ウキウキ全身そこで買った服着て行くかってはなし。

行かないよねってはなし。これでも一児の父親だぜって。プライドだってある。

そう簡単に愛はみせない。みせてはいけない。って何ものだってね。(笑)

いやあ、もう、あれから数ヶ月たった今なのによみがえるあの時の白熱した

服選び。ブルーブルー、今のヤツと昔のヤツ、とよそで買ったヤツ。その

ブレンド具合と相性を見定めよ!妻との初デートのコーデよりも悩むぜ!ゴメン!

 

しょっぱなに買ったスウェット登場するか!?でもそれは単なる自己満てことで

却下でした。ドン!と中心に据えるべきアイテムとして僕が選んだのは、、、

ハントブラッチフォードの紺ブレでした。これがブルーブルーとの再会できた

アイテムでしたし。ボスが以前着用されてブルータスかなんかに出ていたのを

見ましたので。未だにやっぱり、僕にとってもすごいジャケットなんです。

実際。あと少しで10年くらい着てることになりますが、やっぱりいいものです。

さあ、次。ここでまた悩む。クルージングってこと。そして9月末って時期。

微妙ですね〜。カチッと決めてもアレですし。日によっては熱かったり、そうでなかったり。んんん。で、ギブアップ。前店長にメールで確認。「ドレスコードはどうなってますか?」で、「ありませんよ、でも寒いかも」(一部省略)。僕の悩みはあまり解決されず。よし!ってことでジャケットの中をバンドオブアウトサイダーズのナイロンパーカ。ばしっとイエローで色をさそうと。このブランドとハントブラッチフォードは相性がいいって前から思っていて。僕ちん。

 

20周年記念のTシャツを大胆に。白ボディーにネイヴィーでブルーブルー横浜の建物がデザインされている。小物で、深い愛をさりげなくアピール。15年前のペンダントトップ。淡いブルーのガラスにコンパスのデザイン。これにまつわる話は確証はないんですが、前店長がオーストラリアのパースって港町に行って(友人の結婚式)で、そこのバーだったか、のコースターをショーケースに洒落で飾っていたんです。その話を聞かされた後にそのコンパスとそっくりのデザインのこれがでて。即買い。「これ、あの時の、、、」なんて聞けませんでした。恥ずかしいから。あとは前店長が移動してしまう最後の日。「何かいいのありますか」って聞いたときに出されたリング。オニキスの。で、アンカーが彫ってあるやつでした。それを右手中指につけるのが、オレ流。だいたい、オレの持ってるブルーブルーで買ったアクセサリーはマーズってとこのでした。しっかりとした作りで。ヤフオクでけっこう出てますよ。ぶっといカレッジリングオレも持ってるヤツですが、ずーっと自動更新してたヤツが先週土曜日に売れてましたね。1万円。買った人、いい買い物したと思いますよ。あとは、17年前のスウェットのキャップ。ボーダー柄でマリンテイストを出してみました。これもマジで難しいアイテムでさ、当時。かぶるたんびにスンゲーだせえなあって。でも必死にかぶり続けて。ハッと開眼したのは、富士山の山頂で、すごい環境で仕事してた時。髪も洗えないしさ。もう紫外線すごいからあっという間に真っ黒に日焼けして(今のシミの原因)で、そんときも馬鹿みたいにこのキャップばっか被ってて。でもハッと鏡見たとき思ったの。「あ、オレ、イケテル」って。そんときだね、帽子って髪の臭みを抑える為にかぶるんだって知ったのは。下山して、しばらくして、肌も戻りちゃんとお風呂はいる様になったらまた、キャップが似合わなくなりましたが。オレにとっては本当に思い出深い逸品なんだ。宝物だね。バンダナ。これも、一番最初に買ったペイズリーをチョイス。いろんな巻き方試したし、旅行でほんと活躍したし。前店長から習ったのは、くっしゃくっしゃにして、バックポケットにいれるんだよってこと。その通り実践してます。みんなからは「変だよ」って言われるけど。前店長に結婚を報告したとき、バンダナをお祝いにもらいました。ハート柄の。思い出は止めどなく溢れ出します。そんなこんなを小物のチョイスで表現しました。

 

あと、鞄。ま、もうきりないんで、割愛します。肩こってきたし。ブルーブルーのやつでインディゴ・スウェードのね。ブックバッグ。大学4年間、それ使ったな〜。

 

デニムはリーバイスLVC、501Z。W31。肝心のデニムはよそのでごめんなさいって感じ。

 

靴はミネトンカのモカシン。もちろん素足。

 

クルージングはとっても、と〜っても

よかったですよ!!!

 

前店長はエスコート役みたいな感じで船の入り口で

待ってくれていた。僕の脳内ではあの名曲が流れた。

ポリスの「なんとかをみつめていた」みたいなやつ。

足下のオールデンがぴっかぴかで最高だった。

 

ボスの垂水氏を僕は目を細くして、遠くの席から

仰いでいました。続々と、、、レジェンドたちが、、、。

 

あっという間の、最高の時間が流れて行きました。

 

僕はいつまでたってもシャバ憎です。

 

そんな最高の日が過ぎ去り。再び世のしがらみに埋没し、人格をねじ曲げ

鬱屈した瞳を地に落とす生活。ふと、お店に行ったらありました。

スカジャン。背中に「YOKOHAMA」即ゲットです。今度副店長に就任した

おませな店員がかたりかけてきました。「それ、ゆうすけさんっぽいっすよ」

「そうかな」

 

今って、すごい難しい時代だと思うんですよ。モノはあまり売れないし、若い人たちあんまり元気ないし。人口減ってるし、福島じゃ原発不気味だし、オリンピックも築地もよく意味がわかりませんし、地震は恐いですし、老後が不安ですし。そんななかで、やれファッションだあ、カルチャーだあって。コマーシャルだって分かりつつも、頭大丈夫かな?この連中って気になったりもします。インスタグラムだとか、ツイッターフェイスブック。どれもこれも「静けさや、岩にしみいる蝉の声」の原理ですべては空虚を演出しているだけ。だって、お先真っ暗じゃん、日本。オレだとさ、やっぱりもがき苦しんで生きてるんだけど、でもブルーブルー横浜(昔の思い出大だけど)があるからなんかこう。ね。ビームスだっていきますよ、アローズも。バーニーズは最近いってねーなー。セブンイレブンがバックについてからあんまり行ってないなって。そういえば、鈴木会長はもういないんだね。セブンイレブン。が、セブンイレブンでなくなく日が来てしまったんだ。すごく寂しい気持ちになりました。案の上、上大岡のあの伊トーヨーカ堂はなくなっちゃいますし。要がひとつひとつ、またひとつなくなって行く。今、フイナムのニュースで取り上げられている案件ひっくるめても、上大岡のヨーカ堂が消滅した穴は埋まらないと僕は個人的に思っています。だって、デニーズ一号店があった店舗だぜって。ひっそりと、そういうのは消えて行くんですよ。あなた達の知らないところで大事なことが失われている。すみません、続けましょう。そうそう、バーニーズにはあんま行ってなくて、(うわ、なげえ文章だな)ヤフオク、まじでヤバい。半端ない。以前のブログで欲しいななんて行ってたものはほぼ、今ここにありますから〜、残〜念〜!で、今欲しいのはというと、ルケーシーのウェスタンブーツ、ニューヨークハットのシャンブレーキャスケット、、、いかんいかん。リサイクルショップや2ndストリート?古着屋、アーミーショップ、元マイカル本牧にできた悲しげな古着コーナー全品380円。とにかくいろいろ回ってますし、けっこう買ってます。そんなこんなも、ブルーブルー横浜で過ごした青春。尊敬する店長達の存在。これが大きいな。やっぱそういうもんなんじゃねーのかなーってオレは個人的に断言します。