読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N Y B 2

ネバヤン、ひたすら聴いています。

YASHINOKI HOUSE。非常にいいです。

とても、いいんです。

いいんです、が。

 

なんだか、モヤモヤとした気持ちにもなる。

 

選挙でしたね、昨日。

バリッと気合い入れて朝一番で投票したのに

投票用紙誤交付?よくわからないんですが

私の一票、無効だそうでして。

区役所の人?が家まで謝りにきました。

選挙管理委員会の不備だって。

なんだそれってね。

 

で、ネバヤンの「どうでもいいけど」

聴いて、どうでもいいやと。

でも、なんだかむなしい。

 

ただでさえ、暑いし。

そしてこの参院選を把握できない

自分がもどかしい。

 

三宅洋平さんの選挙フェス。

ご存知の方、いますかね?

「どうでもいい」ですか?

 

ひとまず、三宅さんが巻き起こした選挙フェス、

熱かったと私は感じております。

一方、僕がYouTubeで選挙フェスを見始めた同時期に

ネバヤンのCDも買ったわけです。YASHINOKI HOUSE。

三宅氏の動画をみて熱くなり、カーステでネバヤン聴いて

なごみ、その繰り返しで6月は終わり、7月になり。

 

三宅さんは私のひとつ上で今月38才だそうです。

まあ、同世代といっても問題ないはずです。

我々世代が思う社会問題意識、あるいはフェス

などで盛り上がる熱い心。それを痛快に三宅氏は

選挙にのせて展開してくれた。「おお!」

と、私も思いました。

 

しかし、なんでしょう。

それ以上に、ネバヤンがすごかった。

 

そんな私のごく私的感情と、今回の選挙結果は

全く関係はないんでしょうけど。でも、ですね。

なんか痛切に悲しいのは、あの選挙フェスを

おっさん文化と思ってしまった自分がいる。

自分も当事者としておっさんなんですけども。

加齢臭的な。ん〜。だから、選挙フェスみて

「おお!」ってのの中になんか懐かしさを

見ていたのかもしれない。

 

ロンハーマンとかのリッチでゆる〜い最近の

ノリと違って、90年代後半のなんか猛々しさ

がありましたものね。山本太郎議員もやっぱり

メルリンQの破壊力といいましょうか。彼らが

「今回ばかりはやべえらしい」って立ち上がる。

私も拳を振り上げたく思った。でも、ネバヤン

かけるたんびに、熱い心から加齢臭がする様な

気がして。やっぱネバヤンの方が、今っぽい

よな〜。みたいな、自分がいた。

 

ネバヤンの5人は投票いったのかな?

知りませんが、あの連中はこの参院選に興味

あったのかな?

 

選挙フェスと、ネバヤンという二つが私の中で

揺れ動くんです。「ヒゲとボイン」みたいに。

山本議員も、三宅さんも、小沢一郎議員も

悲しい事に独身で、戦っている。未来の為に。

でもネバヤンのいう、「明るい未来」ってのは

そばにいる人を愛する、だとかすごい近視眼的な

ところにこそ幸せがあるんだみたいなことを

説いてる気がして。で、その方がめちゃリアルで。

最近のシティーボーイにも届くんだろうね。

ネバヤンはきっと。で、同時におっさんにも

響くという、奇跡。

 

俺もぶっちゃげ、愛する家族のことしか

考えらんねーんだよね。でっかすぎること

考えてもしょうもないしさ。近視眼で

いくっかねーべって。それが結論なわけで。

で、ネバヤンをうなずきながら聴くんだね。

うんうんつってさ。

 

選挙フェスで応援に駆けつけた鎮座ドープネス

のラップ、素晴らしかった。ぐっときました。

彼、35才なんだって。酉年かな?っぽいね。

お父さんが警察官で、自民党にいれてるらしい

といってました。そうだったんですね。

父親が警察って思い出すのが赤塚不二夫です。

権力の縛りが強い家庭で育つと、類いまれなる

センスが生まれるのでしょうか?

小沢議員と鎮座ドープネス。夢の組み合わせ

ですよ、私的には。

 

この文章ですら定まらない、胸の内です。

何を言いたいのか分からない。どうでもいい

訳ではないんだけど、本当は。でもどうでもいい

と言われれば、「はい」ってなるし。

幸せはごく身近にあるって、本当そう思うし。

 

かつて、ハイファッションに陶酔していた頃

なんか自分、世界とつながってるな、みたいに

思っていました。ベルギーのアントワープってとこ

には最先端の流行を生み出すやつらがいるらしい。

そのあたりのブランドは光り輝いていた。

色々、買って、ベルギーにも行って。なんか空気を

吸うだけで、センスが宿りそうな、信仰?にも似た。

若気の至り。そんな当時のことを三宅さん見てて

思い出すんです。「ポデイモス!」ってその瞬間

「おお!」ってなるけど、寝しなに思い出して

気恥ずかしくなるみたいな。

 

今の若い人たちあまり海外行かないらしいし。

ユースホステルで、日本人が集まり、あそこは

危なかっただのと、そこへ行った武勇伝を語り合う

ような風潮は9.11後、衰えましたよね。

次世代は、あの当時の青臭い私達の姿を見ても

何も思わないんでしょうね。関心が、ないんでしょうね。

うっすらとそんな気はしていましたが、この選挙フェス

でまざまざと思い知りました。