N Y B

Never Young Beach.

 

先日、ここフイナムのどなたかのブログで

Gapの宣伝だったか?このバンドを知りました。

全く、最近のミュージックシーンにはうとい

私でして、それこそ、ラジオはよく聴きますが。

 

Never Young Beach.

いつ以来の衝撃でしょうか。いやあ、いい!

YASHINOKI HOUSE、去年ですか、出たの。

先月のグリーンルームフェスティバルにも

出演してたんですか!全く、知らないとは

怖いものです。

 

西海岸のはっぴいえんどっていうキャッチ

コピーだそうです。そうでしょうかね?

フイナム読む様なジャンルの人たちって

そもそも「はっぴいえんど」をしってるんで

しょうか?

 

ネバヤンのボーカルがはっぴいえんど

ベーシスト細野晴臣HOSONO HOUSE

好きだって言ってました。なるほど。と納得。

詩の感じも影響されているのかもしれませんね。

でもなんか、もっと大きなものを感じる。

Never Young Beach.

 

YouTubeを検索すれば、サクサクっといろんな

動画が見れるご時世。便利なものです。ひとまず

曲の動画やらインタビューやらをチェック。

いちいち気になる方々ですね。曲半分、彼らの

表情、動き半分ってな具合で釘付けでした。

 

なんといっても、バカなんじゃないでしょうか。この5人組。

最大級の賛辞として「バカなバンド」と言いたい。

はっぴいえんどはバカじゃないと思います。

松本隆がいる訳だし。ネバヤンはバカな奴らだと

思いました。天才バカボン級の。なかなかいません。

赤塚キャラを大胆にフィーチャーしたミュージシャンて

私の記憶によれば、初期のリップスライム

ステッパーズディライト、これも衝撃的でした。

ラップであるためか、リップスライムはどうしても

かっこよくなってしまう。バカと素直に言えない

存在でした。ごく私的な感想ですが。

 

ハイスタンダード。お店じゃないですよ!

3ピースバンドの。近年復活したそうですね。

1stのグローイングアップなんか最高でした。

映像も最高で。VHS、なんべん見た事か。

私もアメリカ行く直前だったんで、空気感?

ひしひしと学びました。彼らから。彼らを

現すとしたら、おバカ?とでもいいましょうか。

でも男気を同時に感じるんですね。

難波氏からでしょうか。バカひとことではすまされない

すごみがありましたよね。ハイスタ。

 

だからなかなか「バカだな〜」ってしみじみ思える

奴らって探すと難しいです。

 

はっぴいえんどは馬鹿じゃないとして、

トロピカル路線まっしぐらの細野さん率いる

バンド、ティンパンアレーは?どうでしょう?

音的にはティンパンの方がネバヤンに近いんじゃ

ないでしょうか。でもやはり、違いますよね。

だって、70年代ですよ。何はともあれ真剣ですよ。

当時の大人達は戦争経験者な訳ですし

時代がめっちゃ堅苦しい中で生み出された音楽

なわけですから。やっぱり本気だし、真剣ですよね。

いってみれば、ハイスタあたりまで続くミュージシャン

の魂でしょうか。楽園の音楽を再現していますが

凄まじいテクニックで演じられているように感じます。

 

ネバヤンはどうでしょう。

 

ゆとり教育、皆さんお忘れではないでしょうか。

ネバヤンはまさに、「ゆとりが生んだ最高の音」

そう、私は断言したい。その教育をうけたもののみが

放つ事ができる至高の音世界。これまでの、どれとも違う。

それがネバヤンなんじゃねーの?

 

今20代中頃の青年って、まさにゆとりのゴールデンエイジを

生きてきた強者ですよね。この国で行われた幻の実験

ゆとり教育」それが花開いた瞬間を感じました。

 

♩あなたのようになりたいなんて♩

♩思ってみたが♩

ここまできて、俺みたいな37才だと

「僕には無理でした」って思っちゃう。

 

でもネバヤンは

♩僕は違うな♩

となるわけです。

 

僕は違う。すごいなと。いやバカだなと。

でもスカッとするんです。でその歌の後ろで

テケテケ変なギターが鳴っている。

なんともはや。ゆとりに満ちているんです。

 

すごい理想の下で「ゆとり」の教育を受けて

悲壮感たっぷりの現在の社会に放りだされる。

これほど過酷な事があるでしょうか。

 

彼らのポートレイト写真がはっぴいえんど

それと似ている感じがする。これは私も同感。

はっぴいえんどの場合、日本の失われゆく空気感、

風?を背景に憂いをこめて佇む姿がなんとも

様になっていた。一方のネバヤン。今の日本は

空気感なんか言ってられないくらい、色々危機的。

そんなリアルを背景になんてことなく映り込む。

どこまでもピュアな感じ。これをもってどこを

批判する?そんなこと、誰もできやしないはず。

 

サニーデイの曽我部さんが「全て正しい」的な

賛辞をネバヤンに送っていた。僕も大きくうなずいた。

今朝、テレビをつけたとき、三宅洋平さんが政見放送

に出ていまして、正に「全て正しい」発言をされていた。

瞬きが少し多いかな?って思いましたが。

でも、今、この瞬間、僕は10こ以上年下のネバヤンの

正しさを支持する。選挙関係ないんだけど。

 

すんげーつらくて、今私。もう苦しくて大変なんだけど

車に乗り込んでさ、CDかけるわけ。一発目「どうでもいいけど」

このイントロがあればさ、出発出来るんだよ。「全て正しい」

いろんな不都合なことだらけだけどさ、世の中。

ゆとりのエネルギーを放射されると、思うんだ。「どうでもいい」

そして「すべて正しい」

 

望んではいないけど政治との接触を避けられない時がある。

己の無力感に苛まれる時がある。吉野家とか、ラーメン屋で

ネギばっかトッピングするくらい疲れてんだ。でもね。

ゆとりが教えてくれたんだ。「どうでもいい」と。

変なリズムとともに。

 

この国にはまだ希望がある。そう、思う。

その答えは「ゆとり」の中にあると思う。

それまでの世代や、海外勢がそれをバカと

識別したとしても、圧倒的ななにかが

「ゆとり」の中にはあるはずだ。

私はそう、信じる。