読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の出来事

愛車のカローラは廃車になって

今はレンタカーでノートという車に乗っています。

コーデュロイのショーツ、そろそろ売るにはいい季節かな

って思いましてジャンブルストアに持っていったら

一枚400円。二枚で800円。微妙な空気になったので

800円にぎりしめて杉田家ってラーメン屋へ飛び込む。

中盛りを食べてすっきり。

さて、私はなんでショーツを売りに出したか。これについて

少し考えてみたいと思います。

このアイテムは、ハリウッドランチマーケットが毎年夏に

好評を得ているもの。今年も5月頭にはホームページで

スネ毛とともに写真にでていました。そのタイミングで

私は事故に遭った訳ですが。

「サマーコールビーチショーツ」ヒップポケットのH刺繍が

ポイントだそうです。そのH刺繍を見た私の友人が

「それ、エルメス?」って聞いてきました。

バカな人だなって思いました。

定番アイテムなんです。このショーツ。私も何度も買い足して

きました。人に譲れば喜ばれて来ました。

で、今回なんでリサイクルショップに売りにいったのかというと。

ヤフオクで5000円で売れてたのを見た事。

「お、いい値!」

でもオークションは面倒だな。

それだけのことなんですが。でも2枚で800円だったんで

ラーメン代にしかなんねーぞ!って思った訳です。

まだあるショーツはどうしよう。オークション?

それともこの夏もまた穿く?

売るならもう急がないといけないし。

もう一回リサイクルショップという強気の選択?

 

ま、ショーツのはなしはこのくらいにしておいて。

そろそろ夏本番めがけてイメージしていかないと。

フイナムブログでは秋冬のはなしも賑わっていますね。

最近私は、いわゆるボディコンに傾倒しております。

どうでもいいはなしで恐縮ですが。

ボディコンシャス。鍛えてないのに。

ヘインズに501というのは男のボディコンスタイル

だなんてどこかに書いてありました。

501といえばシュリンクトゥフィット。デザインと

いうよりは体の線を浮き上がらせるモノなのかと。

トラッドスタイルの沈静化にともない、リラックス感

が漂っているようですが、ここからやっぱり体への

回帰というんでしょうか。体を意識するスタイル、

大事ではないでしょうか。鍛えたりってのとは別でも

いいと思うんです。肉体美と服の競演ってもの見物ですが

普通の体?でまず一度なりたたせて、そこに服はおまけで

ついてくる。まず全裸でなりたつかどうか。これが重要だ。

ラジオ番組グルーヴラインでピストンさんがたまに

取り上げる全裸ネタ。最高です。私もやはり全裸で成立する

男になりたい。公共の場ではありません。それはあくまで

プライベートでのはなしですが、もしくは概念の上で。

自分だけで自分をたたせる。魂を上げる。裸の自分で。

ありのままで。鏡すら必要ない。

呼吸し、臓器を意識する。これほどの頼れる精密なやつら

は他にいない。カローラなんて所詮鉄の塊だったんだ。

そう思うと気持ちが楽になる。「オレにはこの体がある」

モノに執着するのはやめよう。元気な体の他になにがいる?

道徳的に必要だから服を着る。けがすると危ないから靴を

履く。便利だから車に乗る。そうだ!この順番だ。

もうすぐ、また地震もくるだろう。そんなとき、

「あっ、オレのオールデン!」とか「ああ!オレの1300」

とっさに飛び出した時のコーディネイトにショボン・・・

とか、避難場所にレイドバックしたノリでたたずむやつとか。

どうなんだろうか。

僕はカローラとともにモノへの執着に別れを告げようとしています。