ハイであるか否か。

f:id:goousk:20150223132549j:plain

こんにちは!

ハイであるか、否か。これが問題だ。

ハイって?

気分がこう、持ち上がるといいましょうか。

男性って、やはり奮い立たないと駄目だと思う。

昔の人は石を並べて拝んでたそうだよ。

男らしいね。

おっ立てないと駄目な時だってあるんだ。

大事なときがある。

気分をどうあげていくか?これが問題だってわけ。

なかなかに難しいんですよ。これが。

服、大事ですよね。勝負ですよ。毎日が。

てめえの気分あげてくれるかどうか。

まさしく、ハイであるか否か。

でない方は意味がない訳です。

高い服がハイって訳でもない。ハイファッション

なんてもう死語か。

トラッド服による安心感。最大公約数の「いいね!」

をもらえる服。金出した分の充実感をそれ相応に

約束してくれる。問題は、それを着てどう生きるか

って訳なんですが、近年のファッション依存症候群

により意味が逆転してんじゃねーのか?

服屋がつくったヴィジュアルを一般人が消化できて

ないと思う。

ファレルの動画を見てホント楽しそうだしかっこいし。

日本男児、こんな楽しげでかっこいい人いないな〜。

って勝手にしんみりしてしまう。

女性陣は世界がうらやむかわいい人続出なので

やはりこの国の問題は男なんでしょうね。

ラリってるだけがハイじゃない思う。

アメリカの西海岸のカルチャーにはその要素が

色濃いかもしれないけど、日本人にもっとしっくりと

くるハイである行き方がきっとあるはず。

随分と長いこと、欧米化にがんばってきた僕たちだけど

そろそろ、素の感覚を養おうよ。

こんなほのぼのした国ってないと思うぜ。

そこを高らかに宣言して何が悪い。

人が良くて、真面目で、短くて。

素直に生きませんか?

世界は、それを、待ってるんじゃないかな。

この、なんか子供みたいな日本人が自分たち独自で

ハイになれる日を。穏やかな心を。

 

でも僕はファレルみたいになりたいな〜。

f:id:goousk:20150223132608j:plain