そして、再びジーンズ上下。

f:id:goousk:20150212213231j:plain

待っていてくれた人がいるのか、いないのか。
分かりませんが、帰ってきました。フイナムブログに。

2016年に入って、というよりもこの5年弱ほどの間
もうファッションに対する意識というものがこれでもか
というほどに私の中で低下してしまいまして。

正直なところ、ユニクロに手を出そうかとまで考えた程です。
私個人の究極のトラッド・スタイルへまでの道のりは以前
このフイナムブログにて公開しましたので、気になる方は
ご覧ください。結論を言えば、ジーンズだったんですけども。
とにかく、着替えずジーンズ。ジャケット、パンツ、シャツ
の3ピースを着替えず1年以上生活し、大変満足しました。

その後の続きを知りたいかた、本日はそこから始めましょう。
暇なんで。

東日本大震災という相当なエポックメイキンな出来事があった
にもかかわらず、この国はすぐにしれっと立ち直ったのでした。
放射能も気にならなくなり、何事もない日々が戻ってきた。
自民党政権と一緒にね。ドラマチックだったな〜。
アベノミクス!そして雑誌ポパイの復権。震災以前のトラッド
の流れというのはあくまで服の話って感じでしたがポパイが
見せつけてくれたのは、ライフスタイルまでひっくるめたしかも
団塊世代もうなる様な魅せかたで老いも若きも、最大公約数が
大好きな部分を明確に刺激してくれた。雑誌2ndとかが急に
過去のものになってしまったね。ロンドン特集からニューヨーク
特集が発売されるまでの1ヶ月、かなり長く感じたし、やっと
発売されて買いにいくまでの高揚感。電車内で読み進めるときに
なぜか笑顔になったしまった。いい歳して。

ジーンズとの生活の後は普通に手持ちのトラッドアイテムを
着始めた。BDシャツにニット、ツイードジャケットってな
具合で。で、ポパイ的にちょっとプレップを気取るアイテムを
スニーカーとか。キャップとか。ってすでに全部持ってるんですよね。
そういえばポパイ見て、服買い行ったことねーなー。まいいや。
で、その後も買い足すものって行ったらオールデンとか3ピースで
スーツとか。なんかお腹いっぱいのところに無理矢理詰め込んでる
感じでしたね。

そんなさなかに突然の刺客アダムキメル。関係ないけど同じ年です。
彼がカーハートと組んだコレクションにやられました。最初の
コレクションも相当だったんだけど、プロモーションとか冴えまくり
見送りました。で、次の春夏、これも見送りました。で、そこからの
再び巡ってきたFWのラインナップに脱帽。バーニーズへ走りました。
ブラックのセットアップ。なんてかっこいいんだ。って。ほれぼれ。
僕の大好きなブルーブルーでもやってたし、WISMにもあって試着
させてもらったりしました。でも買ったのはバーニーズ横浜。
ニット帽はグリーンを。その後パンツは買い足しました。抜群だった。
なんだか、震災以降も盛り上がっていたじゃねえかオレは。

だがしかし!アダムキメルはその後突如シーンから消えてしまった。
自分のブランドもストップ。お、おいおい!そうか、そうだったのか
もしかすると彼ももう既に燃え尽きていたのかもしれないなどと勝手に
想像しました。だから、僕にとってのアダムキメルカーハートの感動って
なんだか時系列が狂ってしまうポジションにいるんです。自分が若き日の
記憶にインプットされてるんです。過ぎた今となっては。
やっぱり、もう手遅れだったんです。この汚染された土地に未来はない。

2013年にもなると、完全に死後の世界のようでした。職場の近くに
Mark Isってショッピングセンター?が出来て、まさに浮遊感がすごい
んです。そこではなんといってもロンハーマン。ズバリ!ハイな空間。
逝ってますね。天国みたい。そこに比べると後のはなんかぶってる感じ。
ハイじゃないんだな〜。なんか。ちょっと重たい。で僕はというと普通
の日本人なんで、そこまでハイになれず、買い物はブルーブルーでした。
でも気分はロンハーマン参考にして、クイックシルバーとのコラボもの
(ポパイにものってたな〜)ハーフパンツとかをはいてました。軽く
ユーズド加工のデニムシャツとかね。レイドバック?そんな感じで。
鎌倉うろついたり?ガーデンハウスだっけ?行ったり?またアメリカ
行ったり?もうなんかフワッフワッしてたよ。親になったのに。
豊かなヴィジョンってのの体現をしたかったのかな。でもさ、心は鳴いてたよ。
結局なんにも満ち足りねーんだ。やっぱり、妻と娘と普通に暮らしている
時間が一番だった。センスなんかいらねんじゃねーの?ってまじ。

んで2014年。久しぶりに体を壊したんだ。肺気胸。古傷からまた破けた。
泣いたね。胸に穴開けたくない〜って。でも逃げられないのでブスブスっと。
ベッドがないってことで管と小さい装置を付けて家で療養。「フ〜っ」と。
この先の将来ってどうなるんだろうって天井を見ながらずっと思ってたよ。
動いたら肺から空気漏れるからね。ヤバかったんだよ。その一月後には
ルーブルーでスケボー買ってる私がいた。中年の焦りか。センスにしがみつく。
今、という空気を吸いたいと切に願う男。全く懲りない。だからまた肺から空気
が漏れて病院送り。私は目を細めてつぶやいた。「ヒップって、なんだ?」
自分に問う。だって、ずっとヒップでなきゃ意味がないって生きてきたんだもん。
フイナムの雑誌はヒップな人がターゲットだそうだね。是非買いたいもんだ。
肺から空気出ようが、スケボーのってスカッとする方がよっぽど救いだ。

その後は体は大丈夫だった。2014年の服的には中目黒のトールフリーで
白いジャケットとパンツ。アロウズで白いオールスターと白いハット。
白がトレンドだって言うから全部白で。病み上がりだったし。白装束。これで
妻と娘と夏祭り行って、怖がられたな。周りから。レディースだとかなり白
づくめの人いましたよね。昨年夏は。渋谷なんかをウロウロするとやっぱり
ポパイの足跡を感じますね。カルチャーが更新されているなって。服じゃない
んだけど、ポスタルコは大好きでたまに行くんです。商売道具のはさみ買ったり。
ファイルみたいのを買ったり。なんといってもあの店内の空気がいいんです。
あの世ではない。なんか日本でもアメリカでもない感じ。で民藝みたいな。
ジャックスペードも気にはなりますが。昨年にはスーツもいろいろやってたし。
でもなんか買うまでに至らないな〜。スリーピージョーンズもかなり気になり
ましたが、ビームス原宿まで見に行きましたが、やっぱり買うに至らない。
なんかだったら白ずくめのジャケット、パンツも素材的にリラックスできるから
それを寝間着代わりでいいんじゃねえの?そうだねって結論だったな。
近所のMark IsにはBshopって言ういい店もあって、そこでスタンレー&サン?
エプロンとかトートとかいい感じのラインアップ。エプロン、ひもが皮じゃ
なけりゃなって思い買わず。徐々に徐々に、筋道が見えてきた。やはり、
アメリカなんだなって。で、あの西の感じ。そしてそして、このSSのトレンド
は?もう、明確な答えがそこに置いてありました。

Levis

f:id:goousk:20150212225521j:plain

やはりこれしかない。
デニムでセットアップ。もう変なことしない。シャツは違う素材で行く。
で、トレンドを意識して501zをチョイス。これが一番今っぽい。かなりな
テーパード。今月20日ですね。501ct発売。でも僕はLVCで行きます。
そして最初の写真でお分かりになりますか?今でジャストサイズです。
洗うという選択肢は私にはない。あるいは洗っても強引にはく。それだけ。
ジャケットは507。きちんとアメリカ製。で、サイズ38は確実にジャスト。
5年前にできなくて、今出来ること、それはこのカッコで仕事するって
こと。毎日、ずっとこれを着た毎日が始まる。ワクワクせずにいられますか?