トラッド・スタイル 5

PROLOGUE

はぁ~。

聞いてよ。

視聴率にやれちまったよ。最近。

暖かいご支援のおかげでさ

えらくアクセス数いいのよ、このブログ。

調子のっちゃうよ、もう。

だからこの文体?

ビッグウェイヴきた!オレに!

なんてね。

カバンに縄しかいれてない男が

うわついてどうする。35歳のくせに。

「どうかしてるぜっ」て

家族はおもってるだろうな。

「どん底おちるぞ!」てか。

フジテレビじゃねーけど

視聴率にかまけると

「ろっくなこたないよ」

過呼吸さ。

ぜーはーぜーはー。

「石になりたい」

 

トラッド・スタイル 5

 

2009年になりました。

矢継ぎ早に

パラブーツ CHAMBORD ブラック

バンダナ ×16

リーバイス 501 79年製 

リーバイス 501 82年製

鴨刺繍入りチノ ブラウン

ペンドルトン ブランケット ×2

ディッキーズ ブラック ×3

ディッキーズシャツ ホワイト ×2

ヘルスニット ヘンリーネック ×3

リーバイス ウェスタンシャツ バレンシア工場製 ショートホーン 

ニューバランス 990ex

エンジニアドガーメンツ バティックプリントジャケット

買いました。

なーんにも、思わなくなりました。

ただただ、財布から金をポイポイ出してさ

紙袋さげてさ

とぼとぼ帰る訳ですよ。くそでけー紙袋さげてふと思ったよ。

「トラッドなんかうんざりだ」

「気がめいる」

やめだやめだ!ってなって

バーニーズへかけこんだのさ。

ひとまず、必要だった黒スーツ。無難にベルベスト。

そしたら靴はエドワード・グリーン。オリアンのシャツ。

スカッとしました。服を買うってこういうことだよな〜って。

気分上昇。アゲってやつですか?

そっからもう、ドリス・ヴァンノッテン、ポール・ハーデン

安心のブランドをひりひりする価格で購入。

そこにニューカマーをさしていく感覚。

ネイキッド・フェイマスなんかをそのとき知りました。

いいね!

アレキサンダー・マックィーン×プーマのスニーカー。

ヤッホー!

ディーゼルのめためたダメージ加工のデニム。

ワオ!

そんな感じでノリノリでした。

 

さあ、この後どうなるんでしょうか。

このシリーズ、まだ終わりません。

私の人生2009年に急展開を迎えます。

そのとき、トラッド・スタイルとの

関わりは・・・

 

つづく