読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラッド・スタイル

PROLOGUE

'06年私は自費出版で『NEW SENSE』を発行した。

長年暖めてきた思想をぶちまけた。

「善とはなにか」そこらあたりから訴えたかった。

絵や漫画も納得いくまでのせた。

自分の集大成、分身としての本。

何かにつなげたいと愛読書の『レコードコレクターズ』

編集部へ送ってみるが、仕事につながる訳はなかった。

燃え尽きた。そこからの空白の2年間。

ファッションにおいては、好き放題だった。

センス云々ではなく、今までずっと欲しかったものを

買いあさった。今は亡き、原宿の聖地GET BACK

通いました。そして買いました。お宝の数々。

当時、デニムセットアップってかなり危ない選択でしたが

いつもデニムセットアップでした。

 

そして'08年。再び私を狂乱へ陥れるムーヴメント到来。

それでは、振り返ってみましょう。

 

トラッド・スタイル

 

ビームスプラス渋谷(これも今やなき)

ちょこちょこ通い始めていた私。

サウスウィックのスーツ、ジャケット類

ビルズカーキ等の私の欲しいアイテムに関して

品物の在庫が少ない。取り寄せに時間がかかる。

というつらい局面があった。

パターン・オーダーでもかなりの時間がかかるそう。

で、オリジナルにと思ってもサイズがないと。

インディヴィジュアライズド・シャツ、トロイこれらのシャツ

ソックス、ベルト、こんなところから買い始める。

鞄は無難なところでブリーフィングのカーキを購入。


ユナイテッド・アローズでは今回の服ブーム再燃のきっかけとなる

紺ブレを買っていた。これがなかなか着回しにくい。

ENGLISH LTDという聞き慣れないブランドのものだが

微妙な具合にやぼったい。

シャンブレイのシャツだったり、ニューバランスのスニーカーだったり

そういううまい崩しにはもってこいのアイテムだったが・・・。

2パターンくらいは決まるが、ちょっとしくじるとえらください。

ダサかっこいい、ではなくダサい。しかも不安。

ラルフローレンの少し奇麗なカーキのパンツをあわせたら吐き気がした。


なんともしっくりこない状態で、補足アイテムとして

バーニーズのニット・タイなんかを探しに行くと

野暮ったい路線に不安を感じたりして。

かといって、今までのようにバーニーズづくしがいいとは思わない。

でもやっぱりその突っ走っている感じはいいなとも思い

その先頭をめざしている方がシンプルなのかな~と思ったり。

たとえオリジナルでもバーニーズの紺ブレにパンツはインコテックスとかで

迷わず選んでいた頃が懐かしい。不安なんかなかったもんな。

店員さんもだいぶ変わってきていて特に誰とも接触せず見回った。

リトル・ベアー氏だとかヨシノリ氏に聞けばあっと驚くアイテムが

出てくるかもしれない。そしたらもうそれでってなるかもしれないけど

やめておこう。去年、一応の満足は得られたし当時の私のメロウな生活

にはあまりにまぶしいと感じられた。


さて、で久々にブルー・ブルー横浜へ。以前は毎日のように通った店。

店のすぐ横は開港150周年記念に向けての整備が進んでいた。

あの汚い波止場の風景はなかった。なんだか切ない気持ちになった。

話はそれるが、ハリウッド・ランチ・マーケット周辺に私はそれまでも継続して

通っていた。年に数回程度。ハイ・スタンダードでスウェットをかったり(ジム用)

していた。しかし、ブルー・ブルーにはほんと、久々に入った。

お店のなかは以前と変わらず最高の空間だった。二階へは上がれなくなり

その分奥に広がっていた。ギワラ店長がいたので近況報告。外に出て

二人で開発途中の港をみて悲しむ。10年分の話はつきなかった。

でもって、最近の僕の服の悩みを打ち明けた。

すると、ギワラさんの目がきらりと光った。

そう、ここにもサンフランシスコというオリジナルの商品があって

それはそれでトラッド・スタイルのエッセンスをたぶんに含んでいた。

しかし、ギワラさんが取り出してきたのは

ハントブラッチフォードというUSメイドの紺ブレだった。

いやはや、すごいいい!

そしてトロイのシャツもしっかり取り扱っていた。

で、聖林独特の洒落具合なタイ白と赤のストライプ。

ばしっと決まるな~。

ルーブルーから足が遠のいたのはリアルな服を求めたから。

でも、現在の僕は再びなにかになりきろうとしているのかもしれない。

アメリカ製のタフな服に寄りかかり投げやりだった状態から

タフであることに変わりはないが、そこに一貫したスタイルを決める。

トラッド・スタイルという。

それは港の男になりきろうと洒落ようとしていた10年前の自分と

そうは変わらないのかもしれない。タフな服をトラッドに着たおしたい。

モスコットのメガネに原宿ラヴミーテンダーのポマードでオールバック。

それは普通の僕ではない。が、それになりきる。平然と。

で、まるで制服のようになにも考えず着回し

経年変化を感じさせないタフな服を着続け、服と同化する。


そんなコーディネイトはというと

アローズの紺ブレ、シャンブレイシャツ、リーバイスデニムパンツ

そしてクラークスデザートブーツ。

かなりしっくりきた。今日初の組み合わせだったが

うまくいった。気分が良かったので銭湯へ行き

ぐでぐでになるまで湯につかって出て、冷まして

でその服装で歩いた。

んん。気分がよかった。


つづく