読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身長論

 

対象:1975~1980年生まれ 日本人 男性

自身の身長がどのように個性に影響を
及ぼしていくか論じてみたい。

身長論

●~159cm
 身長に対するコンプレックスが作用し
 強烈なエネルギーを内在している
 そのエネルギーの方向性には危険もはらんでいる
 ルックス面では勝負せずにスキルを磨く

●160~164cm
 コンプレックス自体は存在しているが
 偏執狂的なエネルギーにはならず
 逆にそのルックスを武器にできる場合もある
 かわいらしさ、おもしろさ
 スキルとうよりは芸を磨く

●165~173cm
 身長に対するコンプレックスが
 ファッションセンスとして開花する
 スティーヴ・マックィーン
 外見を補強するこだわりに冴える
 自分に何が必要なのかを知っている
 自己完結に陥る危険をはらむ
 164cmまでの他人の視点を気にする
 とうよりは己の満足を重要視している

●174~177cm
 王道の身長ということで特に意識していない
 無難な人格、ファッションに落ち着く
 異性のリクエストに応じてのファッション
 そこにはそれ以上のものはない
 コンプレックスが薄い分オープン
 人生を楽しむためのスキルを普通に積む

●178、179cm
 ここにきて再びコンプレックス発生
 180cmまであとわずかにして伸び止まり
 自身の肉体に対し納得がいかない
 まだ確定前の20代前半よりこの1、2cm
 を欲するがかなえられなかったつらさ
 自分の身長をさばよむつらさ
 外見ではまったく変わらないが
 公式記録で常に屈辱を味わうつらさ
 しかし上記の人々と違いスキルや芸で
 そのコンプレックスを補おうとしない
 外見では一緒なのでその根気が発生しない
 故に数字上での問題が彼らを縛る

●180~183cm
 まったくの無風地帯
 ともすれば王道たちとまったく同じとも
 捕らえられるが身長面でのゆとりは
 異性へのアピールでやや劣る
 表情をとってもゆとりのせいでぼける
 このポジションは長身を売りにすることもない
 故にもっとも薄い存在

●184~186cm
 理想的身長 長身
 ジェイムス・テイラー
 バランス的にも均整がとれている場合が多い
 アピールせずとも異性からの評価は上がる
 しかしその自然な状況が人間の浅はかさを
 教えてしまい人生をシラケさせる可能性あり
 それがまたかもし出すクール空気となり
 評価の対象となる難しい循環 憂いを秘めた目
 
●187~189cm
 ややバランスの崩壊が感じられる
 そのためなんらかのアピールが生じるが
 ずれている場合が多い
 おおらかでやさしい
 その大きさがコンプレックスの要因となる
 ファッション面でもジャストが探しにくい
 憂いではなく哀愁と秘めるようになる

●190cm~
 巨大であるが故の生活面での支障
 また外見的にもマイナスの要素となる
 スポーツにおいて才能を開花させる場合が多い
 人数的な希少価値もあるので一躍スターと
 なるケースもある
 おおらかでやさしい

以上 

なお、"父親を抜けなかった"シンドロームも忘れてはならない
己の遺伝子に対する失望感は残る