読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N Y B 2

ネバヤン、ひたすら聴いています。

YASHINOKI HOUSE。非常にいいです。

とても、いいんです。

いいんです、が。

 

なんだか、モヤモヤとした気持ちにもなる。

 

選挙でしたね、昨日。

バリッと気合い入れて朝一番で投票したのに

投票用紙誤交付?よくわからないんですが

私の一票、無効だそうでして。

区役所の人?が家まで謝りにきました。

選挙管理委員会の不備だって。

なんだそれってね。

 

で、ネバヤンの「どうでもいいけど」

聴いて、どうでもいいやと。

でも、なんだかむなしい。

 

ただでさえ、暑いし。

そしてこの参院選を把握できない

自分がもどかしい。

 

三宅洋平さんの選挙フェス。

ご存知の方、いますかね?

「どうでもいい」ですか?

 

ひとまず、三宅さんが巻き起こした選挙フェス、

熱かったと私は感じております。

一方、僕がYouTubeで選挙フェスを見始めた同時期に

ネバヤンのCDも買ったわけです。YASHINOKI HOUSE。

三宅氏の動画をみて熱くなり、カーステでネバヤン聴いて

なごみ、その繰り返しで6月は終わり、7月になり。

 

三宅さんは私のひとつ上で今月38才だそうです。

まあ、同世代といっても問題ないはずです。

我々世代が思う社会問題意識、あるいはフェス

などで盛り上がる熱い心。それを痛快に三宅氏は

選挙にのせて展開してくれた。「おお!」

と、私も思いました。

 

しかし、なんでしょう。

それ以上に、ネバヤンがすごかった。

 

そんな私のごく私的感情と、今回の選挙結果は

全く関係はないんでしょうけど。でも、ですね。

なんか痛切に悲しいのは、あの選挙フェスを

おっさん文化と思ってしまった自分がいる。

自分も当事者としておっさんなんですけども。

加齢臭的な。ん〜。だから、選挙フェスみて

「おお!」ってのの中になんか懐かしさを

見ていたのかもしれない。

 

ロンハーマンとかのリッチでゆる〜い最近の

ノリと違って、90年代後半のなんか猛々しさ

がありましたものね。山本太郎議員もやっぱり

メルリンQの破壊力といいましょうか。彼らが

「今回ばかりはやべえらしい」って立ち上がる。

私も拳を振り上げたく思った。でも、ネバヤン

かけるたんびに、熱い心から加齢臭がする様な

気がして。やっぱネバヤンの方が、今っぽい

よな〜。みたいな、自分がいた。

 

ネバヤンの5人は投票いったのかな?

知りませんが、あの連中はこの参院選に興味

あったのかな?

 

選挙フェスと、ネバヤンという二つが私の中で

揺れ動くんです。「ヒゲとボイン」みたいに。

山本議員も、三宅さんも、小沢一郎議員も

悲しい事に独身で、戦っている。未来の為に。

でもネバヤンのいう、「明るい未来」ってのは

そばにいる人を愛する、だとかすごい近視眼的な

ところにこそ幸せがあるんだみたいなことを

説いてる気がして。で、その方がめちゃリアルで。

最近のシティーボーイにも届くんだろうね。

ネバヤンはきっと。で、同時におっさんにも

響くという、奇跡。

 

俺もぶっちゃげ、愛する家族のことしか

考えらんねーんだよね。でっかすぎること

考えてもしょうもないしさ。近視眼で

いくっかねーべって。それが結論なわけで。

で、ネバヤンをうなずきながら聴くんだね。

うんうんつってさ。

 

選挙フェスで応援に駆けつけた鎮座ドープネス

のラップ、素晴らしかった。ぐっときました。

彼、35才なんだって。酉年かな?っぽいね。

お父さんが警察官で、自民党にいれてるらしい

といってました。そうだったんですね。

父親が警察って思い出すのが赤塚不二夫です。

権力の縛りが強い家庭で育つと、類いまれなる

センスが生まれるのでしょうか?

小沢議員と鎮座ドープネス。夢の組み合わせ

ですよ、私的には。

 

この文章ですら定まらない、胸の内です。

何を言いたいのか分からない。どうでもいい

訳ではないんだけど、本当は。でもどうでもいい

と言われれば、「はい」ってなるし。

幸せはごく身近にあるって、本当そう思うし。

 

かつて、ハイファッションに陶酔していた頃

なんか自分、世界とつながってるな、みたいに

思っていました。ベルギーのアントワープってとこ

には最先端の流行を生み出すやつらがいるらしい。

そのあたりのブランドは光り輝いていた。

色々、買って、ベルギーにも行って。なんか空気を

吸うだけで、センスが宿りそうな、信仰?にも似た。

若気の至り。そんな当時のことを三宅さん見てて

思い出すんです。「ポデイモス!」ってその瞬間

「おお!」ってなるけど、寝しなに思い出して

気恥ずかしくなるみたいな。

 

今の若い人たちあまり海外行かないらしいし。

ユースホステルで、日本人が集まり、あそこは

危なかっただのと、そこへ行った武勇伝を語り合う

ような風潮は9.11後、衰えましたよね。

次世代は、あの当時の青臭い私達の姿を見ても

何も思わないんでしょうね。関心が、ないんでしょうね。

うっすらとそんな気はしていましたが、この選挙フェス

でまざまざと思い知りました。

 

 

N Y B

Never Young Beach.

 

先日、ここフイナムのどなたかのブログで

Gapの宣伝だったか?このバンドを知りました。

全く、最近のミュージックシーンにはうとい

私でして、それこそ、ラジオはよく聴きますが。

 

Never Young Beach.

いつ以来の衝撃でしょうか。いやあ、いい!

YASHINOKI HOUSE、去年ですか、出たの。

先月のグリーンルームフェスティバルにも

出演してたんですか!全く、知らないとは

怖いものです。

 

西海岸のはっぴいえんどっていうキャッチ

コピーだそうです。そうでしょうかね?

フイナム読む様なジャンルの人たちって

そもそも「はっぴいえんど」をしってるんで

しょうか?

 

ネバヤンのボーカルがはっぴいえんど

ベーシスト細野晴臣HOSONO HOUSE

好きだって言ってました。なるほど。と納得。

詩の感じも影響されているのかもしれませんね。

でもなんか、もっと大きなものを感じる。

Never Young Beach.

 

YouTubeを検索すれば、サクサクっといろんな

動画が見れるご時世。便利なものです。ひとまず

曲の動画やらインタビューやらをチェック。

いちいち気になる方々ですね。曲半分、彼らの

表情、動き半分ってな具合で釘付けでした。

 

なんといっても、バカなんじゃないでしょうか。この5人組。

最大級の賛辞として「バカなバンド」と言いたい。

はっぴいえんどはバカじゃないと思います。

松本隆がいる訳だし。ネバヤンはバカな奴らだと

思いました。天才バカボン級の。なかなかいません。

赤塚キャラを大胆にフィーチャーしたミュージシャンて

私の記憶によれば、初期のリップスライム

ステッパーズディライト、これも衝撃的でした。

ラップであるためか、リップスライムはどうしても

かっこよくなってしまう。バカと素直に言えない

存在でした。ごく私的な感想ですが。

 

ハイスタンダード。お店じゃないですよ!

3ピースバンドの。近年復活したそうですね。

1stのグローイングアップなんか最高でした。

映像も最高で。VHS、なんべん見た事か。

私もアメリカ行く直前だったんで、空気感?

ひしひしと学びました。彼らから。彼らを

現すとしたら、おバカ?とでもいいましょうか。

でも男気を同時に感じるんですね。

難波氏からでしょうか。バカひとことではすまされない

すごみがありましたよね。ハイスタ。

 

だからなかなか「バカだな〜」ってしみじみ思える

奴らって探すと難しいです。

 

はっぴいえんどは馬鹿じゃないとして、

トロピカル路線まっしぐらの細野さん率いる

バンド、ティンパンアレーは?どうでしょう?

音的にはティンパンの方がネバヤンに近いんじゃ

ないでしょうか。でもやはり、違いますよね。

だって、70年代ですよ。何はともあれ真剣ですよ。

当時の大人達は戦争経験者な訳ですし

時代がめっちゃ堅苦しい中で生み出された音楽

なわけですから。やっぱり本気だし、真剣ですよね。

いってみれば、ハイスタあたりまで続くミュージシャン

の魂でしょうか。楽園の音楽を再現していますが

凄まじいテクニックで演じられているように感じます。

 

ネバヤンはどうでしょう。

 

ゆとり教育、皆さんお忘れではないでしょうか。

ネバヤンはまさに、「ゆとりが生んだ最高の音」

そう、私は断言したい。その教育をうけたもののみが

放つ事ができる至高の音世界。これまでの、どれとも違う。

それがネバヤンなんじゃねーの?

 

今20代中頃の青年って、まさにゆとりのゴールデンエイジを

生きてきた強者ですよね。この国で行われた幻の実験

ゆとり教育」それが花開いた瞬間を感じました。

 

♩あなたのようになりたいなんて♩

♩思ってみたが♩

ここまできて、俺みたいな37才だと

「僕には無理でした」って思っちゃう。

 

でもネバヤンは

♩僕は違うな♩

となるわけです。

 

僕は違う。すごいなと。いやバカだなと。

でもスカッとするんです。でその歌の後ろで

テケテケ変なギターが鳴っている。

なんともはや。ゆとりに満ちているんです。

 

すごい理想の下で「ゆとり」の教育を受けて

悲壮感たっぷりの現在の社会に放りだされる。

これほど過酷な事があるでしょうか。

 

彼らのポートレイト写真がはっぴいえんど

それと似ている感じがする。これは私も同感。

はっぴいえんどの場合、日本の失われゆく空気感、

風?を背景に憂いをこめて佇む姿がなんとも

様になっていた。一方のネバヤン。今の日本は

空気感なんか言ってられないくらい、色々危機的。

そんなリアルを背景になんてことなく映り込む。

どこまでもピュアな感じ。これをもってどこを

批判する?そんなこと、誰もできやしないはず。

 

サニーデイの曽我部さんが「全て正しい」的な

賛辞をネバヤンに送っていた。僕も大きくうなずいた。

今朝、テレビをつけたとき、三宅洋平さんが政見放送

に出ていまして、正に「全て正しい」発言をされていた。

瞬きが少し多いかな?って思いましたが。

でも、今、この瞬間、僕は10こ以上年下のネバヤンの

正しさを支持する。選挙関係ないんだけど。

 

すんげーつらくて、今私。もう苦しくて大変なんだけど

車に乗り込んでさ、CDかけるわけ。一発目「どうでもいいけど」

このイントロがあればさ、出発出来るんだよ。「全て正しい」

いろんな不都合なことだらけだけどさ、世の中。

ゆとりのエネルギーを放射されると、思うんだ。「どうでもいい」

そして「すべて正しい」

 

望んではいないけど政治との接触を避けられない時がある。

己の無力感に苛まれる時がある。吉野家とか、ラーメン屋で

ネギばっかトッピングするくらい疲れてんだ。でもね。

ゆとりが教えてくれたんだ。「どうでもいい」と。

変なリズムとともに。

 

この国にはまだ希望がある。そう、思う。

その答えは「ゆとり」の中にあると思う。

それまでの世代や、海外勢がそれをバカと

識別したとしても、圧倒的ななにかが

「ゆとり」の中にはあるはずだ。

私はそう、信じる。

あしたの、、、

最近の私にとっての至福の時間。

それは、赤ワインを片手に

あしたのジョー』を読む事。

 

f:id:goousk:20160622213057j:plain

 

ブログ打つなんかよりもよっぽど、いいんですよ。

こんなことここで言ってもしょうがないんですが。

 

もうなんていうんですかね。

丹下段平の言葉に酔いしれるんですよ。いちいち。

 

最近ふれてたへんなカルチャー?

吹き飛びましたよ。私の中で。

 

やっぱり、野生がいい。

 

野生でないと駄目だ!

 

涙、ではなく、泪。

梶原一騎の視線はどこまでも容赦なく鋭い。

ちばてつやの絵はそこにヒューマニティを注ぐ。

 

洋服達と今後はもっと激しくぶつかろう。

破れるまで着たおすんじゃ!

着て着て着て、着てまくり、穴があいても

着るんだ!ジョー

 

へたっていたっていい!

服と己との真剣勝負。

 

その先に、「あした」があるんだーーー!!!

夏はすぐ、そこ!

前回の投稿がすごいアクセス数で

ちょっと怖くり、ご無沙汰してしまいました。

やっぱりタイトルの「おっぱい」が決め手でしょう。

 

私も大好きです。「おっぱい」

 

さて、来月、私の大好きなブルーブルー横浜が

20周年を迎えるようです。感慨深いですね。

企画もある様で、マジ楽しみです。今迄

くすぶっていた物欲がスパークする日が

来るのでしょうか?

 

 

f:id:goousk:20160601041552j:plain

 

上の写真は16年前のものです。

ルーブルー横浜の前で撮った一枚。

左が私ですね。

当時すでに心はバーニーズニューヨークへ旅立っており

この直後にぱったりと足を向けなくなったのですが。

写真の時も何一つブルーブルーのものは着てません。

 

もうすぐ夏ってタイトルなのにどうして真冬の写真なんだって。

 

あのおっぱいバンダナはこのお店で買いました。

写真にもある顔出しパネル。

ルーブルーボーイっていうキャラクターで

当時の聖林のセンスを感じますね。最高でしたよ。

今でもブルーブルーボーイはお店に飾られてて

横浜店では入って右手のショーケースの左

に鎮座ドープネス。

前店長がそこにアダムキメル×カーハートの

ビーニーキャップかぶせてたっけ。

いやあ、20周年で期待するのが

ルーブルーボーイ関連商品なんです。

 

ミッキー、ポパイとのコラボもいいですが

やはり、あの怪しげなブルーブルーボーイを

フィーチャーして欲しい。

そう願うのは私だけでしょうか。

当時と違って今はプレミア感ハンパない

時代じゃないですか。で、そのノリで

あのブルーブルーボーイを商品化して

ほしいですよね。

 

ルーブルーボーイのペンダントトップを無くしたのが

未だに悔しくて。旅先でか。無くしてもう10年くらい

たつんですが今でも探してるんです。

 

あっちこっち店をパトロールしても

何も引っかからない最近なんです。

震える程に、欲しいものが、現れて欲しい。

身を滅ぼす様な物欲を。

待っているんです。

オー、ブルーブルーボーイ。

君に会えるなら

初めてブルーブルー横浜を訪れた

あの真夏の昼下がりが戻ってくるだろう。

もしもペンダントトップが再発されたのなら

それを買い占めようじゃないか。

大人になった私には、それができる。

ソフビの貯金箱?再発されたのなら

お店の在庫、買い占めようじゃないか。

さあ!持ってきなってね。

 

夏はすぐ、そこだ!

そして、4月21日

かなり早く起きた。

といっても午前5時少し前くらい。

おもてはうっすら明るい。

 

寝起きにフイナムとは別のブログを打つ。

そっちではもっと重苦しい話題を

扱ってるんです。

 

やっぱりまだ飲んでいるのが青汁。

健康飲料を飲みながら、思想を語る。

誰が読むのか知らんけど。

 

6時半頃に妻と娘が起きてきて

Eテレつけるわけ。

ラジオ体操から始まる日常。

 

なんかスケール大きい文章つくってる横でさ

ラジオ体操って、ちょっと、ですよね。

だから寝床に戻ってそこで続きを。

毛布を足にかけ。

 

さて、と。

朝食にシナモンアップルロール

アップルパイ、ミルクコーヒーを。

 

顔を洗い歯を磨き、ヒゲを剃る。

頭のかゆみは我慢。

 

5年前の震災があってから

髪をあまり洗わなくなった。

それ以前は、朝シャンなくして

始まらないタイプの人間でした。

もう、一日でも洗わないなんて

論外って。

 

でも、あの震災当時、うちリフォームしてる

最中だったんですよ。トイレ、風呂、水回り全般。

そこが無いと、本当に、無力ですよ。人間。

もう、愕然とするよね。大工さんがさ、いい人

だったけど、言う訳さ

「お宅の分の便器、仙台の倉庫にありましてね」

「在庫全部われたらしい」

もう、「まじで!?」ってなりますよね。

このリフォーム、どうなるの?って。

震えたよ。うんこできない時点で

もう、住めないでしょ。

 

だから妻の実家にお世話になって。しばらく。

不安でしたね。そしたら、数日髪洗わなくても

OKになっちゃいました。その日数がのびるのびる!

なんかたくましくなっていく自分に満足、みたいな。

で、見た目的にやばいんでキャップを

かぶる様になったってはなし。つい買っちゃう。

エベッツフィールドをまず買いましたね。

最近だとNFLものを。アメリカ製で。

 

細野晴臣の名盤「HOSONO HOUSE」の

キラーチューン「恋は桃色」で

歌詞に「髪のくさみ」ってのがあって

歌詞カードではそこ空白で、意味深。

臭いぐらいでちょうどいいよ。髪なんか。

 

災害時をおもえば、毎日シャンプーなんか

まず無理。やっぱり常に備えないと。

そういう環境に。着替えない!

髪、洗わない!で、キャップ着用。

 

すみません!脱線がすぎました。

今日のコーディネートはというと

特筆すべきものはないので割愛。

 

さあ、出発、って時に

妻が「ちょっと・・・」と。

「なにさ」と私。

これ、と見せたのは

どうやら娘が幼稚園の先生に

書いた手紙。

どれどれ。

 

「パパはママのパンツをかいでるよ」

 

なんだこれは!!

かいでる?ですと?

妻が私をいぶかしむ。冷たい視線。

そんなことはしないよ。

え?してないよ。

ん?

あ!

 

そうだ、変態仮面のまねしたあれか!

 

ギャグですよ、ギャグ。

 

妻がどう理解したかは置いといて

こんなもの、先生に見せたら

駄目ですよ!

 

妻が娘に説明していた。私も状況が

落ち着くまで、出発する訳にもいかず。

妻が言う。

「こんなこと先生にいったらパパおまわりさんにつかまっちゃうよ」

 

えっ?そういう説得?

 

「なんでつかまっちゃうの?」と娘。

「パンツをかぐような変態はつかまるんだよ」

「だからこの手紙はやめようね。」

「うん、わかった」

 

それを暗がりの玄関で見守る私。

髪が臭い変態なお父さん。

 

家族でドライブ中に何度か交通違反でつかまってまして

その度に娘は心配そうに私をみつめていたんですね。

だから、あれが一番きく、説得なんでしょうね。

でも私の立場は・・・。

 

なんだかモヤモヤしながら車に乗り込む。

ポール・サイモンの都会的な音を楽しみながら

職場へ。

 

地元ローカルの、交通機関から依頼された

萌えキャラの商品をつくり納品。「鉄道むすめ

って知ってる人いますかね。そのキャラの一人で。

昨年の人気投票だと8位だったそうです。

その世界、私まったくうといんですが。オタク

っていうんですか?でも、すごいファンがいる様で。

うちの商品もご好評なんだとか。

 

その交通機関の本社ってものすごくいい雰囲気なんです。

ロケにも良く使われてますよ。警察署とかの設定で。

敷地すごい広くて、草木があおあおとしていて。

とってもいいんです。そこへ段ボール3箱納品なんだけど

担当者が変わったらしくて、これまでの担当はあの、あれです

キテレツ大百科のベンゾウさんみたいな男性でした。

それがですね、新しい担当が、めちゃきれいな女性でして。

直視できませんでした。

検品して頂く時も無言。

妙に汗ばむ、みたいな。

鼻の下、バンダナでふきふき。

検品する部屋が以外と暑くて。

キャップはかぶってるけど、自分の髪の匂いが気になる。

髪はやっぱり洗うべきか。

その女性は涼しそうに凛と仕事していました。

汗ばみ、髪がにおい、それが気になるおっさん。それが私。

 

さてと。

無事に納品が終わり。

さあ。どうすっか。

やったら汗かいちゃったんで。

そこからすぐの浴場施設へ行く事にした。

コストコを通り過ぎて、ゴミ処理場の奥。

ここの風呂&サウナ、マジで最高なんですよ。

公共施設なんですけど、もう、最高。

まるで商売っけ無くてね、でもそれがいいよね。

中年にもなると、なんかいろんなアピールが

鼻につくんですね。商売商売!ロハスロハス

みたいな。息苦しいとこばかりでさ。

その点、ここの風呂はさ、もうなんか学校?

みたいな、公民館?的な。癒されるよ。

スタッフ達もさ、全然ド素人ばっか。知らないけど。

で、公共なんで無駄に建物は素晴らしくって。

髪でも洗ってやるか!と。

 

ロッカーに湿った服をぶちこんで

フェイスタオル肩にかけて(タオルは車に常備)

サウナへ飛び込む訳。

 

12分。

 

タラ〜って汗が渇き

体がヌメッとする感じ。

で体を洗い

髪を洗い

流し

 

そしてサウナへ戻る。

 

12分。

 

このくらいたつと、徐々に

意識が薄れてくるんです。

 

シャワーで汗を流し

 

またサウナ。6分。

 

サウナでてすぐの

水風呂。

 

桶でその水体にぶちまける。

 

うっ てなる。

 

そのまま勢い良く

水の中へなだれ込む。

20度

 

 

仰向けになり

 

目を瞑る。

 

あ〜。

しずかだ。

だれもない。

 

蛇口から水が流れる音だけだ。

 

あ〜。

 

しばらくすると

目が回り始める。

 

目を閉じていると

TDLのスペースマウンテンのごとく

奈落の底へ

落ちて行く様な

裸の自分が

暗闇に吸い込まれて行く様な

そんな感覚

しばし楽しむ

 

そして出る。

 

もうなんにも考えない時間。

禅、的な?よく禅を知らないけど。

いやトリップだな。あれは。

 

さっきの女性はまだ働いているだろうし

妻は家事で忙しいだろう。

俺は裸でトリップ。

これでいいのだろうか。

 

分からない。

神のみぞ知る領域。

 

あるいは、九州で苦しんでいる方が

大勢いる同じ時間、私はラリっている。

そんな自分が味気ない。

 

申し訳ないと思う気持ち。

 

でも快楽を欲する自分。

 

しょんぼりしながら湿った服を

着直す。すると携帯が鳴った。

チリリリ

 

うちの経理部長からだった。

 

「あんた今どこいるの?」

 

「え、あ、の納品無事、す、すみまして」

 

まだしらふじゃないのでろれつ回らず。

 

「一時から面接よ!忘れたの?」

 

オーマイガッ!

忘れてた!社員面接じゃねーか。

うわっ やっべ!

って時計見たらあと5分ですし。

 

「すすすすぐいきます」

 

そこから電光石火。

 

少し遅刻で会場へ。

社員希望の期待の29才男性と

経理部長が既にスタンバってました。

明らかに、異質なオーラ

っていうか湯気?

を放ち、俺も着席。

 

彼、なんか俺から視線そらすな〜。

まあ、自分のせいもあるから

仕方ない。

 

面接はつつがなく終了。

で、昼食。

 

なんてことない一日の昼迄で

こんなに長文となってしまった。

それをまた文字にしてる自分って

変態なのかもしれません。

これ以上続けても不利益なので

このくらいで中断しておきます。

 

GREEN ITEMS

 

「いいんだよ、グリ〜ンだよ」

 

そんなコマーシャル、ありましたよね。

 

唐突ですが、私の身の回りにある緑色のグッズを

 

紹介したいと思います。

 

 

f:id:goousk:20160414002142j:plain

 

ブリーフィングのブリーフケースです。

やっぱり、丈夫ですよね。ブリーフィングって。

かれこれ、どのくらい使ってるかな〜。

この鞄。それほど気に入ってないんですけどね。

 

f:id:goousk:20160414002405j:plain

 

左上から、USアーミーのツールバッグです。

書類入れにちょうどよくて。

今この中にはさ、去年の交通事故の関連書類

が入ってる。まだ争ってるんです。

もう、いい加減にして!(笑)

 

右上、これかぶってると、ヤマト運輸の人に

間違われるんです。複雑な思いで、これを

かぶる私がいる。

 

左下、愛しのポスタルコの名刺入れ。

今風に言えば、カードケースってか。

ヤギの皮が味があるんですね。

名刺はさ、とっても重要なビジネスツール

だから、入れ物にもこだわりたいよね。

冗談です。

 

右下。ビームスプラスのタイ。

その昔、渋谷にビームスプラスの店舗が

あって。今はRINKANって古着屋の場所ですが。

その地下フロアに名物店員の溝端さんがいて。

彼から色々買わせて頂いた。プラスのディレクター

就任、おめでとうございます。溝端さん!

センス抜群。

私の3才年下です。

彼は私に、色々な緑色の商品をすすめ続けました。

あんまりすすめるもんだから聞きました。

「緑って、トレンドなんですか?」

すると

「私が好きなだけです」

という返事。

思わず笑ってしまいました。

「はい、買います」

って言うしかないですよね。

迷いがない。

緑、いい!

ってね。

シンプルな接客。

だから私は、はるばる通ったんですよ。

あなたのもとに。

湘南新宿ラインのって。

横浜から通ってましたよ。

 

 

f:id:goousk:20160414005212j:plain

 

バラクータ、G9もやっぱり緑ですよね。

オリーブ色って言うんですかね。

でもま、緑ですよ。

今の時期、このG9はめちゃ重宝しますよ。

ほんと、よく着てます。

 

f:id:goousk:20160414010435j:plain

 

もういい加減にしろって言われそうですが・・・

もう少しだけ。

 

やっぱりブリーフィング。クオバティスの

エグゼクティブ・ノートのケース。これ最高です。

この手帳にしたのは2009年頃から。

これまた、ビームスプラスの方で遠藤さん

面識は無いのですが、氏のブログのファンでして。私。

ツイッターまでフォローする始末。で、どこかで

遠藤さんがすすめてたのがこの手帳。(だったと思う)

とにかく、ピュアな私は

それ読んだ次の日買いに行きましたよね。

で、溝端さんからこのケース買って。

そこから7年の月日が流れた訳です。

まったくくたびれないブリーフィングのケースですし

この手帳の使い易さときたら、すごいもんですよ。

遠藤さんのツイッターで忘れられないのが

3.11にまつわる予言めいた文です。

 

写真下はUSアーミーのくつ下。

500円で最高のクォリティ。これしかはきません!

 

1年まるまる、ビームスプラスにはまったあの頃。

緑のアイテムを身につけるたびに思い出す。

溝端さんの笑顔。

やっぱり買い物は人から買うものです。

私は、そう思う。

情報なんか持たずに、大好きな店員に委ねるチョイス。

さあ、持ってきな

オレは丸腰だ

さあ、仕掛けな

ってね。

でも、渋谷のプラスも今はない。

そしてなかなか面白い店員に巡り会えない。

すると物欲が萎えていくんだ。

 

なじみのブルーブルーへ行けば

なんらかの発見はありますし

満足もできるのですが。

 

ぎりぎりのチョイスが欲しいって。

 

マゾな私は刺激を求めてしまう。